2019年11月8日(金)

県中学新人大会 サッカー 下館南が優勝

〈サッカー決勝〉下館南-岩井 PK戦で優勝を決め、喜ぶ下館南=水戸市ツインフィールド
〈サッカー決勝〉下館南-岩井 PK戦で優勝を決め、喜ぶ下館南=水戸市ツインフィールド

県中学新人大会は7日、各地で行われ、サッカーは下館南が決勝で岩井とのPK戦を制し、優勝を決めた。

柔道団体は男子が石下、女子が結城が優勝。ソフトテニスは男子団体で友部二、バレーボール女子は八郷、ソフトボール女子は田彦が頂点に立った。バスケットボール男子は4強が出そろった。

■全員で粘り PK戦制す
○…チーム全員で粘り強く戦った下館南がPK戦の末に栄冠を手にした。攻撃の起点となった市村悠人主将(2年)は「最後まで全員で走り切った」と充実した表情を浮かべた。

下館南は前半、ペースをつかんだ。右サイドを攻略し、クロスから何度も好機をつくった。だが、得点できず。後半は相手に主導権を握られ、押し込まれた。それでもセンターバック2人を中心に堅守で相手の攻撃をはね返し続けた。

延長でも決着がつかず、迎えたPK戦で染谷陽樹(2年)が2本目と4本目を防ぎ、最後は相手のシュートが枠外に。勝利が決まると、駆け寄ってきた仲間にもみくちゃにされた。「止められてよかった。抱きつかれたときに優勝したと実感した」。勝利の立役者は喜びをかみしめた。



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 20 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス