2019年11月14日(木)

坂東・岩井将門まつり 武者行列、勇壮に

平将門役の平勢忠温さん(かぶと姿)から一番矢を受け取った県立境高校弓道部の生徒(壇上手前)=坂東市岩井
平将門役の平勢忠温さん(かぶと姿)から一番矢を受け取った県立境高校弓道部の生徒(壇上手前)=坂東市岩井

武者行列が見どころの「岩井将門まつり」が10日、坂東市岩井の岩井商店街をメイン会場に開かれた。平将門役の平勢忠温(ただはる)さん(40)=同市商工会青年部長=らが扮(ふん)する武者や少年剣士のほか、特別参加の相馬野馬追騎馬隊(国指定重要無形民俗文化財)などが勇壮に会場を練り歩き、訪れた大勢の観光客を楽しませた。

同市にゆかりがある武将・平将門公の勇姿を現代によみがえらせようと始まり、今年で46回目。雲一つない青空の下、まず、将門公が祭られている国王神社(同市岩井)で総勢100人の武者が参列して「戦勝祈願」の儀式を執り行った。その後、筑波銀行岩井支店の特設ステージで、県立境高校や八千代高校などの生徒による弓道演武、出陣式、時代劇を思わせる殺陣などが披露された。

商店街には、北茨城市産海の幸物産展など、数多くの模擬店が軒を連ね、家族連れやカップルで終日にぎわった。(小室雅一)

稚児行列に参加してパレードする子どもたち
稚児行列に参加してパレードする子どもたち


次の記事:新たに4人感染 JAとりで、介護施設 

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 3 月 31 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス