2019年11月14日(木)

《連載:魂のイコン画家・山下りん没後80年》(下) 芸術家たちの絆

晩年、若き画家と交流 武山から見舞いのリンゴ

【AD】

山下りんは1918(大正7)年、61歳の時に笠間に戻ってから81歳で亡くなるまで、一切絵筆を執らなかった。りんの実弟小田峯次郎の孫小田秀夫さんが著した評伝「山下りん」(日動出版)によれば、りんは身近な自然に触れ合う生活を楽しみ、春になると近所…


  • 記事全文1294文字(あと1064文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 12 月 7 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス