2019年11月14日(木)

台風19号 久慈川も氾濫情報出さず 関東整備局 常陸大宮の決壊1カ所

【AD】

国土交通省関東地方整備局は13日、台風19号の大雨により常陸大宮市内で久慈川の堤防3カ所が決壊したにもかかわらず、うち1カ所について氾濫発生情報を出していなかったと明らかにした。同局は「いつ氾濫を把握したのか事実関係を確認し、再発防止策とともに年内に報告できるように進めている」としている。

当時、市内で決壊したのは塩原、富岡、下町の3カ所。このうち塩原、富岡の2カ所について10月13日午前5時20分に氾濫発生情報を出したが、下町については出していなかった。

国交省や都道府県は、氾濫の有無や危険性に応じ、氾濫発生情報などの指定河川洪水予報を出している。

台風19号の氾濫発生情報については、国交省が那珂川について出していなかったことが既に判明しており、10月に赤羽一嘉国交相が謝罪している。

11月13日は、久慈川と那珂川の流域市町村や県、国などで構成する「久慈川・那珂川流域減災対策協議会」が、常陸大宮市役所で開かれ、同局の佐藤寿延河川部長が同時多発的に被害が発生した状況を説明した上で、「情報伝達でだいぶ混乱が生じた」と語った。

同協議会は2015年の関東・東北豪雨で大規模な浸水被害が発生したことを受け、16年に設立。この日は市町村長らがそれぞれの被害状況などを報告したほか、新たに那珂川上流と同下流、久慈川の計3部会を設け、連携して減災対策を進めることを決めた。 (三次豪)



次の記事:5日 10人感染 警察署員や「夜の街」関係

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 6 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス