2019年11月17日(日)

《明治安田J2》水戸 痛恨の零敗

鹿児島-水戸 前半、水戸の黒川(中央)のシュートが相手選手にブロックされる=白波スタジアム
鹿児島-水戸 前半、水戸の黒川(中央)のシュートが相手選手にブロックされる=白波スタジアム

明治安田J2第41節(16日・白波スタジアムほか=11試合)水戸は鹿児島に0-1で敗れた。通算成績18勝13分け10敗、勝ち点67。順位は今季ワーストタイの8位に落ちた。

水戸は前半途中から押し込まれると、44分にCKをヘディングシュートされて失点。後半は水戸が攻め立てて好機を多くつくったが、ゴールを奪うことができなかった。

首位の柏はクリスティアーノの2ゴールなどで町田に3-0で完勝して勝ち点を81に伸ばし、1試合を残して1年でのJ1復帰と優勝を決めた。

2位横浜FCは岡山を下して勝ち点76とし、3位大宮は新潟と引き分けて同74。残る1枠の自動昇格は両チームに絞られた。最終節は24日に行われ、3〜6位はJ1参入プレーオフ(PO)に進む。

岐阜は敗れて最下位とJ3降格が決まった。



次の記事:大洗サツマイモ盗 防犯カメラにトラック

全国・世界のニュース

2019 年
 12 月 9 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス