2019年11月25日(月)

J2水戸、プレーオフ進出逃す 岡山下すも7位で終幕 長谷部監督退任へ

水戸-岡山 後半ロスタイム、水戸・小川がゴール前でシュートを狙うも相手GKに阻まれる=ケーズデンキスタジアム水戸、菊地克仁撮影
水戸-岡山 後半ロスタイム、水戸・小川がゴール前でシュートを狙うも相手GKに阻まれる=ケーズデンキスタジアム水戸、菊地克仁撮影

明治安田J2最終節は24日、水戸市小吹町のケーズデンキスタジアム水戸などで11試合が行われ、水戸は岡山を1-0で下したが、最終順位は7位でJ1参入プレーオフ進出はならなかった。また長谷部茂利監督(48)が今季限りで退任することが茨城新聞の取材で分かった。他のJ2クラブの監督に就任する見込み。水戸の後任監督は未定。

水戸は前半42分、FKのこぼれ球を滝沢が蹴り込み先制した。その後も得点機はあったが生かせなかった。水戸はプレーオフ出場争いで、この日敗れた6位山形と勝ち点、得失点差で並んだが、総得点で3点及ばなかった。(藤谷俊介)

▽Ksスタ(観衆8,575人)
水戸19勝10敗13分け(70) 1-0 岡山18勝13敗11分け(65)
1-0
0-0

長谷部茂利監督
長谷部茂利監督


次の記事:大洗サツマイモ盗 防犯カメラにトラック

全国・世界のニュース

2019 年
 12 月 11 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス