2019年11月25日(月)

J2水戸 長谷部監督退任 慰留も意思固く

水戸-岡山 試合後のセレモニーであいさつする長谷部監督=ケーズデンキスタジアム水戸
水戸-岡山 試合後のセレモニーであいさつする長谷部監督=ケーズデンキスタジアム水戸

◯…水戸を上位に引き上げるなど辣腕(らつわん)を振るった長谷部監督が退任する。クラブは慰留したが、意思は固かったという。

長谷部監督は就任1年目の昨季、22チーム制でクラブ過去最高順位、最多勝ち点を更新した。今季はそれを上回る成績で自動昇格、J1参入プレーオフ進出を争った。

攻撃では選手の長所を引き出し、守備では緻密な守備組織を整備。前向きな声掛けでチームに一体感を生んだ。

この日の試合後のセレモニーで、長谷部監督は「選手たちは成長していましたか。チームは成長していますか。クラブは大きくなっていますか」とサポーターに問い掛け、「みなさんの声援がわれわれを導いてくれています。これからも大きく強くなるクラブを、1万人体制で支えてください」と願った。



次の記事:10日 累計感染者400人超 新規6人

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 11 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス