2019年12月1日(日)

広がる自治体クラウド 県内導入15市町村 情報保管、災害時に真価

【AD】

市町村が共同で民間データセンターに住民の個人情報を保管し、ネットワークを通じて運用する「自治体クラウド」の導入が広がっている。県内では2系統計15市町村が導入を決め、一部運用を開始している。10月の台風19号では、浸水被害を受けた大子町…


  • 記事全文1169文字(あと939文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 15 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス