2019年12月6日(金)

台風被災の教育施設 教材整備支援先募る 日本財団、20日まで

【AD】

日本財団は、10月の台風19号で被災した教育施設の教材整備の支援先を募集している。支援対象は災害救助法が適用された自治体にある施設で、本県は30市町が対象となる。

同財団によると、被災した保育・幼稚園やこども園、小中高校、特別支援学校、大学などの図書や体育用具、ロッカーなどの整備を支援する。床上浸水が条件で、上限は100万円。

受付期限は20日。問い合わせや申請方法は同財団ホームページか、同財団経営企画広報部災害担当(電)03(6229)5282(平日午前9時〜午後5時まで)へ。



次の記事:新型コロナ、茨城で感染200人突破 新たに3人、目立つ東京圏滞在

全国・世界のニュース

2020 年
 7 月 15 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス