2019年12月19日(木)

《J1鹿島2019を振り返る》ACL アジア連覇ならず

【AD】

日本勢初の連覇が懸かる今大会は準々決勝で涙をのんだ。広州恒大との第1戦は敵地で行われ、高温多湿で過酷な気候条件の中、スコアレスドロー。高い守備意識を崩さず、GK権純泰(クォンスンテ)の好セーブが光った。

第2戦は前半40分にCKから失点…


  • 記事全文609文字(あと379文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 4 月 3 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス