ラウンジ花桃 こだわりの味と食材

ラウンジ花桃の岡田舞さん(右)と奈三子さん=水戸市泉町
ラウンジ花桃の岡田舞さん(右)と奈三子さん=水戸市泉町
料亭や居酒屋などが軒を連ねる水戸市泉町3丁目。大工町の“入り口”ともいえるこの場所で隠れ家的なランチが楽しめる店として、今年5月にオープンした。

店主の岡田舞さん(40)と母親の奈三子さん(66)の2人で切り盛りする。「おいしい食事と落ち着く居場所で、幸せと安心感を提供していきたい」。舞さんは温かみある店づくりを目指す。

メニューはチキンカレー(600円)、ミックスピザ(700円)、煮込みハンバーグ(同)、和風ハンバーグ(同)の4品。いずれも国産食材を使用するほか、ピザの生地やカレーの福神漬け、全品に付くサラダのドレッシングに至るまで、全てを手作りにこだわる。提供するライスも本県産コシヒカリを石釜で炊き上げ、つやと甘みを引き立たせる。

看板メニューはチキンカレー。朝から時間をかけ、弱火でじっくりと煮込むため、野菜がルーに溶け込み濃厚な味わい。リピーターも多いという。ミックスピザはテークアウトにも対応する。このほか、10分千円で「ルノルマンカード」占いのサービスも提供する。舞さんが行うカードによる占いと助言も店の“売り”だ。

ランチは火、水、土曜の午前11時半〜午後2時半。月、木、金曜も事前予約があれば営業する。夜はラウンジとして午後8時〜翌午前1時まで営業し、酒類も提供する。日曜、祝日定休。(電)029(246)6062

最近の記事

ニュース一覧へ

全国・世界のニュース