2019年12月25日(水)

鉾田二高同窓会が「制服オリジナルリカちゃん」企画 創立100周年に向け限定販売

県立鉾田二高の制服(冬服)を着たリカちゃん=TOMY(c)
県立鉾田二高の制服(冬服)を着たリカちゃん=TOMY(c)

伝統ある制服を残そうと、県立鉾田二高(鉾田市鉾田)の同窓会「桜芳会(おうほうかい)」が、同高の創立100周年に向け、女子生徒のセーラー服を再現したリカちゃん人形を企画した。卒業生らを対象に25日に予約受け付けを始め、先着2千体を限定販売する。

「制服オリジナルリカちゃん」は、同窓会の活動を支援するサラト(兵庫県姫路市)が2007年、発売元のタカラトミー(東京)に製作を委託して始まった。これまでに兵庫や神奈川など16県34校で製作された。本県では初めて。

同高のリカちゃんは1946年の採用時から変わらぬセーラー服を忠実に再現。襟元のリボンや胸ポケットの校章、靴下といった細部にまでこだわり、冬服と夏服をそろえた。

桜芳会が2024年の創立100周年の機運を盛り上げようと企画。事務局は、リカちゃん人形をきっかけに「母校のことを思い出してもらいたい」としている。

価格は6800円(税込み、送料別)。予約受け付けはフリーダイヤル(0120)982412。発送は21年1月末を予定。(小野寺晋平)



次の記事:熱中症か、取手の女性死亡

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 15 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス