2019年12月31日(火)

2020年の主な主催事業

【AD】

茨城新聞社は「地域応援宣言」の下、2020年もスポーツ、文化など多彩な事業を展開します。

◇第37回茨城新聞社旗争奪全国選抜高校剣道大会 1月4日(土)、5日(日)、土浦市の霞ケ浦文化体育会館。全国から男子176校、女子130校が出場し力と技を競い合う。県剣道連盟と共催。

◇狂言鑑賞会
2月9日(日)、小美玉市の市四季文化館みの〜れ。三宅狂言会が伝統に培われた笑いの芸を披露。げんでんふれあい茨城財団、小美玉市と共催。

◇第20回日立さくらロードレース
4月5日(日)、日立市の日立シビックセンター新都市広場をメイン会場に桜並木や海岸沿いを走る。同レース実行委員会、日立市、同市教育委員会、茨城陸上競技協会、同市体育協会と共催。

◇第47回日本の書展茨城展
4月11日(土)から16日(木)まで水戸市のザ・ヒロサワ・シティ会館(県民文化センター)。全国巡回の現代書壇巨匠・代表展と、茨城書壇招待作家・代表作家らの展示のほか、高校生の書道パフォーマンス大会を開催。茨城書道美術振興会と共催。

◇第20回全国こども陶芸展inかさま
7月下旬から8月下旬、笠間市の県陶芸美術館。小中学生が自由な発想で制作した陶芸の全国公募展。笠間市、同市教育委員会と共催。

◇親子ふれあいクルーズin北海道
7月下旬と8月上旬の2回、大型フェリーで大洗-苫小牧を往復し旭川、札幌などを巡る4泊5日の旅。北関東3県の親子を対象に上毛新聞社、下野新聞社と共催。

全国・世界のニュース

2020 年
 1 月 28 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス