2020年1月4日(土)

だるま市にぎわう 那珂・一乗院

大小のだるまや縁起物の熊手などを求める人でにぎわった一乗院の「だるま市」=那珂市飯田
大小のだるまや縁起物の熊手などを求める人でにぎわった一乗院の「だるま市」=那珂市飯田

那珂市飯田の一乗院(石田健浄住職)で3日、新春恒例の開運だるま市が開かれ、多くの家族連れなどでにぎわった。

境内の露店には、大小さまざまの赤いだるまをはじめ、金や白のだるま、熊手などの縁起物が並んだ。七福神に扮(ふん)した子どもたちから参拝客らに福豆が配られ、甘酒も振る舞われた。

毘沙門堂では護摩祈祷(きとう)が行われ、厄よけや家内安全、商売繁盛など参拝者らはそれぞれ、新しい年への願いを護摩の火に託していた。市内から訪れた女性は「家族全員が健康でいることが何より。今年も良い年になってほしい」と話した。(榎本七海)



次の記事:知事、外出自粛要請「首都圏から脅威」

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 4 月 4 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス