2020年1月13日(月)

新「カミオカンデ」着工へ 素粒子研究 飛躍の時

J-PARC ビーム増強 準備着々

【AD】

東海村の大強度陽子加速器施設「J-PARC」から発射した素粒子ニュートリノのビームを観測し、宇宙の謎に迫る3代目の新型観測装置「ハイパーカミオカンデ」が、今年中にも建設開始の見込みとなった。J-PARCも新型装置の高性能化に合わせ、ビーム増強…


  • 記事全文1313文字(あと1083文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 4 月 3 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス