2020年1月26日(日)

地域紙消滅に警鐘 「行政監視、低下の恐れ」 茨城大生研究発表 土浦

【AD】

茨城県南地域の地域紙「常陽新聞」が廃刊になった経緯や影響について茨城大(水戸市)の学生が分析した研究発表会が25日、土浦市中央の土浦市亀城プラザで開かれた。学生らは地域メディアの廃刊により「行政の監視機能が失われた可能性がある」と指…


  • 記事全文628文字(あと398文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 4 月 6 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス