2020年1月26日(日)

那珂川久慈川 「霞堤」活用盛り込む 国交省と県が骨子案

国土交通省関東地方整備局と県が合同で開いた那珂川・久慈川整備計画に関する会議=水戸市千波町
国土交通省関東地方整備局と県が合同で開いた那珂川・久慈川整備計画に関する会議=水戸市千波町

台風19号で氾濫した那珂川、久慈川について、国土交通省関東地方整備局と茨城県は25日、水戸市千波町の同整備局常陸河川国道事務所で、河川整備を検討する委員会と有識者会議を合同で開き、現行の河川整備計画見直しに向けた骨子案を示した。遊水機能を向上させる治水方法の「霞堤(かすみてい)」の整備活用を盛り込むなど、河道内の治水のみにとらわれない計画を進めていく方針。

台風19号の浸水被害による河川整備について、同整備局と県が合同で会議を開くのは今回が初めて。国と県が連携し、水系一貫での整備計画を検討していく。

骨子案で提示された「霞堤」は日本の伝統的な治水対策で、堤防のある区間に開口部を設けた不連続な堤防のこと。

洪水時には切れ目から排水され、河道外に湛水(たんすい)されることで下流への水量を減らすことができ、宅地などのかさ上げなどを併せて行うことで、家屋へ甚大な被害が及ばないことが期待される。

同整備局は、地形や現状の土地利用などを考慮しながら、新たな「霞堤」の整備を進めていくとともに、現存するものは有効活用を図っていく。

骨子案にはその他、河川監視用の監視カメラや河川防災ステーションの整備、水門などの施設操作の遠隔化、事前放流の実施要領策定などの措置も盛り込まれた。

同整備局の佐藤寿延河川部長は「国と県と市町村がタッグを組み、整備計画の検討を進めていきたい。住民の方々に早く安心していただけるよう、これからも取り組んでいく」と力を込めた。

今後のスケジュールは未定としたが、次回以降の会議で、今回示された骨子案を基に整備計画の原案がまとめられるという。(海老沢裕太郎)

霞堤の仕組み=国土技術政策総合研究所ホームページより引用
霞堤の仕組み=国土技術政策総合研究所ホームページより引用


次の記事:小中学校再開を延期 13市町村に拡大

全国・世界のニュース

2020 年
 4 月 6 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス