2020年1月30日(木)

国交省の日本風景街道、あやめ園特別賞 観光振興を評価

表彰状を手渡した国交省関東地方整備局常陸河川国道事務所の飯田寛之副所長(左)と潮来市花菖蒲協会の西山清二会長=潮来市役所
表彰状を手渡した国交省関東地方整備局常陸河川国道事務所の飯田寛之副所長(左)と潮来市花菖蒲協会の西山清二会長=潮来市役所

道を舞台に観光振興や地域活性化、多様で質の高い風景の形成などを目的とした国交省の事業「日本風景街道」で、潮来市あやめの「水郷潮来あやめ園」と、周辺の国道51号など一帯を指す「いたこあやめ花街道」が、関東優秀活動賞特別賞を受賞した。受賞は昨年の「観光振興への寄与部門」に続いて2年連続。28日には、潮来市役所で表彰状の伝達式が行われ、国交省関東地方整備局常陸河川国道事務所の飯田寛之副所長が、市花菖蒲協会の西山清二会長に表彰状を手渡した。

同事業は2007年度から始まった。現在は全国で143ルートが登録されており、うち関東には21ルートがある。いたこあやめ花街道は17年12月に関東で20番目のルートとして登録されており、今回は市民や地元小中学生によるあやめ園整備、花がら摘み体験、積極的な外国人観光客の歓迎などが評価された。

飯田副所長は「2年連続の受賞ということで、この活動が国の内外に知れ渡り、観光振興につながっていくことを期待したい」とあいさつ。西山清二会長は、「一番忙しい時期は10人程度で除草作業に追われるが、範囲が広いため、一度終わる頃には最初にやったあたりはまた生えてきてしまう」と苦労を明かし、「今後も品種改良などを重ね、他に負けない美しい花を育てたい」と語った。



次の記事:飲酒中に口論...男性、腹を刺され死亡 43歳妻逮捕

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス