2020年2月2日(日)

フォークやポップス 新春コンサート盛況

新春コンサートで会場を盛り上げた万丈童子=水戸市南町
新春コンサートで会場を盛り上げた万丈童子=水戸市南町

茨城新聞みと・まち・情報館は1月31日、水戸市南町の水戸証券ビル1階で、「楽しいみと・まち・新春コンサート」を開いた。情熱の火星人マーズ、万丈童子、SunnyMama’S、Clayband、アキサヨwithふっしーの5組が出演した。フォーク、ブルーグラス、ポップスなどの懐メロで会場を盛り上げた。

万丈童子はひたちなか市で結成され15年目。平均年齢75歳で昨年は43回公演した。ブルーグラスとカントリー音楽を披露した。

SunnyMama’Sは札幌で東京五輪のマラソンが開催されるのにちなみ、札幌五輪時代の「虹と雪のバラード」を歌い上げた。「正調だっぺ音頭」は茨城の名所や名物を紹介する曲で、「んだっぺ、だぁーぺ、そうだっぺ」と軽妙に歌った。

全国・世界のニュース

2020 年
 2 月 20 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス