2020年2月11日(火)

つくば・島名境松遺跡 古墳時代の集落確認 須恵器の高坏も

【AD】

茨城県教育財団は10日、つくば市島名の「島名境松遺跡」で本年度実施している発掘調査の成果を発表した。縄文時代中期(4000年前)と古墳時代中後期(1400〜1500年前)の集落跡を確認。主な出土遺物では、脚部に透かし孔がある須恵器の高坏が古墳時代…


  • 記事全文519文字(あと289文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 2 月 29 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス