2020年2月13日(木)

J2水戸、キックオフパーティー J1へ活躍誓う

新シーズンに向け思いを語るFW中山仁斗主将=水戸市内
新シーズンに向け思いを語るFW中山仁斗主将=水戸市内

J2水戸は12日、水戸市内のホテルで、キックオフパーティー「葵会」を開き、秋葉忠宏新監督や、新シーズンに主将に就任することが発表されたFW中山仁斗らが今季の活躍を誓った。パーティーにはチーム関係者やスポンサー、支援者など約400人が参加した。

昨年は過去最高の7位となり、スタジアム構想も発表するなど、クラブが前に進んだシーズンとなった。新シーズンに向け沼田邦郎社長は「(練習拠点の)アツマーレがあったからこその成績だった。今後も金がなくても頭を使い、知恵を出して(クラブ運営を)進めていきたい。J1に向けて戦っていく。本当に期待できる新しいホーリーホックを見てほしい」と力強く語った。

また、中山主将は「背中で引っ張っていけるような存在でありたい。期待と思いに応えられるようなプレーを選手全員がピッチで表現したい」と意気込みを語った。(志賀敦文)



次の記事:茨城県内計13人感染 同部屋に2人入院 

全国・世界のニュース

2020 年
 3 月 30 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス