2020年2月14日(金)

《記者コラム》五輪の年に平和問う

【AD】

長崎原爆を題材にした映画「祈り-幻に長崎を想う刻(とき)-」のロケが、笠間市の旧筑波海軍航空隊司令部庁舎であった。監督は「サクラ花」など本県に縁がある作品を手掛けてきた松村克弥さん(56)。「被爆の後遺症に苦しむ人々の姿を描き、戦後75年…


  • 記事全文470文字(あと240文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 2 月 20 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス