2020年2月14日(金)

酒気帯び運転で事故 28歳巡査長を懲戒免職 県警

【AD】

県警は14日、酒気帯び運転で事故を起こし、報告を怠ったとして、警備部国体対策課の男性巡査長(28)を懲戒免職処分にした、と発表した。処分は同日付。
県警によると、巡査長は昨年12月30日、水戸市内で酒気を帯びた状態で、私用車を運転し、乗用車に衝突する交通事故を起こした上、法に定める事故報告を怠ったという。

※詳しくは「茨城新聞」の翌日朝刊、有料携帯サイト「モバイル版茨城新聞」をご覧ください。

全国・世界のニュース

2020 年
 2 月 20 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス