2020年2月27日(木)

ニセ電話詐欺”再び”防ぐ 古河のコンビニ、今月2度目の感謝状

感謝状を贈られたファミリーマート古河下大野店の(左から)中沢雅行さん、根岸真代さん、金久保唯さん=古河警察署
感謝状を贈られたファミリーマート古河下大野店の(左から)中沢雅行さん、根岸真代さん、金久保唯さん=古河警察署

架空請求のニセ電話詐欺被害を未然に防いだとして、古河警察署(三森祐敦署長)は25日、古河市下大野のファミリーマート古河下大野店=中沢雅行店長(49)=と店員の根岸真代さん(23)、金久保唯さん(22)にそれぞれ感謝状を贈った。

同店は4日にも同様の理由で感謝状を贈られており、1カ月間で2回目の贈呈。前回の表彰直後、中沢店長が一層の注意を払うよう伝達したことで、店員の防犯意識が高まったことが今回の未然防止につながったという。

同署などによると、8日午後4時半ごろ、同市、男性(69)が電子マネーカード35万円分を購入しようと来店。対応した根岸さんが多額であることや年齢層から詐欺を疑い、110番通報をするとともに、金久保さんと協力して警察官の到着まで男性を引き留めた結果、被害を未然に防いだ。

金久保さんは「詐欺と違っていたらどうしようと思ったが、店長に連絡してすぐ110番通報した」と振り返り「今後もしっかり接客していきたい」と話した。根岸さんは「感謝状と被害を防げたことが、ともにうれしい」と語った。

三森署長は「前回の感謝状を受け、スタッフに被害防止を周知してくれた効果がすぐに表れた」と同店の対応に感謝した。(溝口正則)



次の記事:新型コロナ、茨城で感染200人突破 新たに3人、目立つ東京圏滞在

全国・世界のニュース

2020 年
 7 月 15 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス