2020年3月4日(水)

《新型肺炎・影響》イベント中止食品 提供を呼び掛ける フードバンク茨城

【AD】

NPO法人フードバンク茨城(本部牛久市、大野覚理事長)は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴うイベント中止で処分に苦慮している食品や菓子などの提供を呼び掛けている。

フードバンクに寄付できる食品は常温管理ができ未開封で、賞味期限が2カ月以上残っている缶詰やレトルト食品、インスタント食品など。集まった食品は各自治体や社会福祉協議会を通じ、生活困窮世帯や児童養護施設に贈られる。

寄付できる場所は、各市町村の役場など県内114カ所に設けられた常設型食品回収箱「きずなBOX」のほか、生活協同組合パルシステム茨城栃木うしくセンター内(牛久市牛久町)の本部、水戸支部(水戸市栄町)。受付日時は本部が月・水・金曜の午前10時〜午後4時。水戸支部は水・木曜の午前10時〜午後2時半まで。

問い合わせは本部(電)029(874)3001、水戸支部(電)029(231)1649。メールアドレスはfb.ibaraki@gmail.com。

きずなBOXの設置場所はホームページで確認できる。



次の記事:飲酒中に口論...男性、腹を刺され死亡 43歳妻逮捕

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 18 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス