2020年3月9日(月)

新型コロナに「マケルナ」生徒たちにエール 教師がベンチ並べ 休校の潮来二中

ベンチを並べ替えた「マケルナ」のメッセージと潮来二中の教職員ら=潮来二中
ベンチを並べ替えた「マケルナ」のメッセージと潮来二中の教職員ら=潮来二中

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、茨城県内の小中学校が休校となる中、潮来市新宮の市立潮来二中(若松裕一校長)の中庭で、教師の1人がベンチを「マケルナ」の形に並べ替え、教え子たちにメッセージを送っている。

“ベンチメッセージ”を作ったのは、数学担当の青柳竜馬教諭(26)。同中の中庭は「3年生の憩いの場」として利用されており、周囲からもよく見渡せるため、代々の3年生が椅子で文字を書く伝統が受け継がれているという。

潮来市の小中学校は2日から休校で、同日、「荷物を取りにくる生徒や卒業生たちに見てもらおう」と、1人でベンチを動かした青柳教諭。人知れず作業を行ったため、当初は誰のものか分からない「謎のメッセージ」だった。

同中は12日に3年生と保護者らのみで卒業式を行う予定。ベンチは当分の間そのままにされる。青柳教諭は「受験や進路などの悩みもあると思うが、生徒たちには元気に自分らしく、それぞれの道を進んでほしい」とエールを送った。(石川孝明)



次の記事:飲酒中に口論...男性、腹を刺され死亡 43歳妻逮捕

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス