2020年3月18日(水)

銘柄産地を行く 12
筑西市協和地区の冬春キュウリ 温度差がつくる甘み

【AD】

筑西市協和地区の冬春キュウリは、1993年に銘柄産地に指定された。県内有数の出荷量を誇るJA北つくば協和胡瓜部会が生産する。作付面積約12ヘクタール、出荷数量1995トン、販売額約4億8100万円。出荷量のピークは3〜5月だ。市場出荷がほとんどで、…


  • 記事全文899文字(あと669文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版
  • 茨城新聞電子版

全国・世界のニュース

2020 年
 10 月 31 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス