2020年3月19日(木)

《新型コロナ》新たに茨城県内2人感染 欧州旅行、20代男性ら 計3人に

今月4日以降に帰国の県民 14日間自宅待機要請

県内2人目の新型コロナウイルスの感染者確認を受け、会見で記者の質問に答える大井川和彦知事=18日午後、県庁、菊地克仁撮影
県内2人目の新型コロナウイルスの感染者確認を受け、会見で記者の質問に答える大井川和彦知事=18日午後、県庁、菊地克仁撮影

茨城県は18日、県内在住の20代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同日深夜、さらに1人の感染を確認。県によると、県内での感染確認は3人となった。20代男性は3月上旬に欧州を旅行しており、県は現地滞在中に感染した可能性が高いとみている。居住地や職業、年齢などの詳細は「本人の強い希望」(大井川和彦知事)を理由に公表していない。県内1人目と同様に男性が最近、欧州に渡航歴があることを重視し、大井川知事は記者会見で、3月4日以降に海外から帰国した県民を対象に、14日間の自宅待機を要請した。

県によると、20代男性は県内の感染症指定医療機関に入院中で、37〜39度台の発熱があるが、症状は軽く容体は安定しているという。

男性は3月上旬、同行者1人と共に欧州を旅行し16日に帰国。同居する両親の自家用車で帰宅した。旅行先で14日から発熱と喉の痛みがあったことから、17日に男性自ら保健所に連絡、同日に帰国者・接触者外来を受診した。18日にPCR検査を実施し、陽性と判明した。自宅から同外来までの移動は両親の自家用車を使用したという。

県は帰国後3日間の行動歴を踏まえ「濃厚接触者はかなり限定的」と分析。男性の両親と旅行同行者の計3人を濃厚接触者として、19日にPCR検査を実施する予定だ。

大井川知事は会見で「感染が海外から持ち込まれるケースが続いており、拡大の形態に特殊性を感じる」とした上で、「2週間前にさかのぼっても県内の海外渡航者はそれほど多くないと感じている。相談センターの指導の下、経過観察してもらい感染拡大を防ぎたい」と述べ、県が設置する帰国者・接触者相談センターへの連絡と14日間の自宅待機に理解を求めた。

県によると、14日間の根拠は、感染から発症するまでの潜伏期間のおおよその日数。県は民間企業に対しても、海外出張から帰国した社員について、14日間の自宅待機と経過観察を、業界団体を通じて要請する方針を明らかにした

今回、本人の強い希望を理由に、男性の居住地などの情報が非公表となっている。大井川知事は「本人がどうしても嫌だと言っているが、私は公共の利益を考えたらある程度の情報は公開すべきと考えている。本人を説得してより多くの情報を出そうと思っている」と説明した。

県内の感染者は、17日に確認された日立製作所水戸事業所勤務のひたちなか市在住の30代男性に続いて計3人となった。(三次豪)



次の記事:4日 茨城県発表5人の中に重症者

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 4 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス