2020年3月24日(火)

《スポーツ担当記者 熱戦余聞》日常が戻ることを願う

【AD】

J1鹿島のクラブハウスグラウンドは競技規則で定められた一般的な白線に加えて、線や点線が計8本引かれている。ザーゴ新監督が練習のために要望したもので、これらグラウンドを管理する一人が東海村在住の照山寿光さん(62)だ

▼小学5年時からサッ…


  • 記事全文361文字(あと131文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 15 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス