2020年3月26日(木)

セイミヤ 軽トラ、90地点巡回 スーパー走る

小美玉、玉里・小川地区 買い物支援

小美玉市内でスタートした移動スーパー「とくし丸」号=同市川中子のセイミヤアスタ玉里店
小美玉市内でスタートした移動スーパー「とくし丸」号=同市川中子のセイミヤアスタ玉里店

「買い物弱者」とされる高齢者などの顧客を戸別訪問する移動スーパー事業が17日、小美玉市川中子のスーパー「セイミヤアスタ玉里店」で始まった。同市玉里・小川地区と行方市の一部で、来店が難しく買い物に困っている高齢者らを対象に、軽トラックが週2回3コースを巡り、食料品や総菜、調味料、雑貨などを販売する。

食品スーパーのセイミヤ(潮来市、加藤勝正社長)が県内数カ所で既に行っている訪問移動販売「とくし丸」事業で、同店周辺を需要調査した上で事前申し込みのあった90地点120人が対象。同社が契約した「販売パートナー」の戸塚一美さん(55)が、対象者の自宅や集まりやすい場所などを巡回する。商品の販売のほか、要望があればホームセンターなどでの買い物代行も想定している。

初出発に当たってセイミヤの加藤社長は「高齢化率が進み、1人暮らしが増える中、少しでも困っている方々のお役に立ちたいとスタートした」と話した。また戸塚さんに対し、「直接的に喜ばれ感謝されるやりがいのある仕事。頑張ってほしい」と激励した。(高畠和弘)



次の記事:県立校再休校 要注意の10市町

全国・世界のニュース

2020 年
 4 月 9 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス