2020年3月28日(土)

クルーズ船の新型コロナ集団感染 茨城県内受け入れの全21人が退院

【AD】

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で起きた新型コロナウイルスの集団感染で、茨城県は27日、県内の感染症指定医療機関で受け入れた感染者のうち、外国籍2人が回復し、退院したと発表した。これで県内で受け入れた21人全員が退院した。

県健康危機管理対策室によると、同日、2人はウイルスを検出するPCR検査が2回連続で陰性となった。ほかの感染者19人は17日までに退院していた。



次の記事:県内の感染者 16日連続ゼロ 1人退院 

全国・世界のニュース

2020 年
 5 月 25 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス