2020年4月7日(火)

春メロン、糖度上々 鉾田で収穫始まる

オトメメロンを収穫する野原隆さん=鉾田市鹿田
オトメメロンを収穫する野原隆さん=鉾田市鹿田

鉾田市で春メロンの収穫が始まった。今年は天候が安定していたため、糖度も形も上々の出来という。収穫したメロンはJA茨城旭村(皆藤茂次郎組合長)で糖度検査や選別が行われ、水戸など県内の市場に初出荷される。

同市鹿田の野原隆さん(67)方ではオトメメロンが収穫された。果肉は薄い緑色でみずみずしく、すっきりとした甘さが特長だ。初出荷は400〜450ケース(1ケース6個)を見込んでいる。野原さんは「4、5日たつと果肉が柔らかくなり、食感が良くなる。日本一のメロンなので安心して食べてほしい」と話している。

同JAによると、メロン部会は157人。春メロンはオトメのほか、クインシーとアンデスなどがあり、全体の作付面積は約126ヘクタール。収穫は7月上旬まで続き、ピークは5月下旬〜6月中旬ごろ。(藤崎徹)



次の記事:飲酒中に口論...男性、腹を刺され死亡 43歳妻逮捕

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス