2020年5月12日(火)

《新型コロナ対策》常総市 10万円申請困難な世帯は職員が訪問

【AD】

常総市は8日、新型コロナウイルス感染症に伴う緊急経済対策で政府が国民1人当たり10万円を給付する「特別定額給付金」について、重度の視覚障害があり申請が困難な世帯に対し、市職員が自宅を訪問して、手続きと給付を行うと発表した。

市社会福祉課によると、対象となるのは、重度の視覚障害がある▽単身世帯▽同居の家族が75歳以上の後期高齢者のみの世帯▽同居の家族が障害福祉サービスまたは介護サービスを利用している世帯。

12日午後に神達岳志市長や市職員が対象となる市内5世帯を訪問する。

手続きには各地区の民生委員が立ち会いを行った上で、市が代理申請をして当日、現金を給付するという。

同課は本人や家族による申請が困難な世帯に対して「迅速かつ確実な給付をしていく」としている。



次の記事:飲酒中に口論...男性、腹を刺され死亡 43歳妻逮捕

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 20 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス