2020年5月26日(火)

《新型コロナ対策》県外移動、31日まで自粛 茨城県知事方針修正

【AD】

政府が緊急事態宣言の全面解除に際し、引き続き都道府県境をまたぐ移動の自粛を要請する方針を示したことを受け、茨城県の大井川和彦知事は25日、緊急会見を開き、茨城でも県境をまたぐ移動自粛要請を同日以降も継続すると発表した。22日の会見では、同宣言の全面解除に伴い、県外への移動自粛要請を全て解く方針を示していたが、政府の方針に合わせて修正した。

県が一部修正した対策では、31日まで県外、特に東京、千葉、埼玉、神奈川の首都圏4都県への移動自粛を要請。6月1日以降は、4都県と北海道を除いて要請は解除する。

県は25日、県独自の基準に基づく全4段階の対策をステージ3から2に引き下げた。さらに、感染が抑制された状況が続けば、6月8日にステージ1に移行する方針。

大井川知事は「ステージ1になった時の県外移動は基本的には全面解除としたいが、状況を見ながら判断したい」と話した。

また、政府の緊急事態宣言発令を巡っては、「東京も含めてほぼ収束に至ったことで、ある程度成功したと評価してもいいと思う。ただ、第2波に備え、発令のタイミングがもう少し早くても良かったのではないかとか、国と県の役割分担などもう少し整理が必要なのでは、と感じる」との見方を示した。



次の記事:茨城、最多タイ66人感染 2人死亡 つくばでクラスター

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 30 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス