2020年6月3日(水)

《新型コロナ対策》水戸葵陵高にアルコール製剤寄贈 白梅商事、マスクも

鈴木博光校長(右)にマスクを手渡す白梅商事の市毛勝利会長=水戸市千波町
鈴木博光校長(右)にマスクを手渡す白梅商事の市毛勝利会長=水戸市千波町

水戸市河和田町の白梅商事は5月29日、同市千波町の水戸葵陵高校にアルコール製剤15リットルとマスク1700枚を寄贈した。贈呈式で同社の市毛勝利会長は「生徒が少しでも安心して授業できるようになれば」と話し、同校の鈴木博光校長は「頂いたマスクは全生徒と教職員に配布し、アルコール製剤は教室の消毒などに使わせていただく」と感謝の言葉を述べた。

同社は29日までに同校のほか、水戸啓明高校、同市立見川小・見川中などにもアルコール製剤などを寄贈した。



次の記事:新型コロナ、茨城で感染200人突破 新たに3人、目立つ東京圏滞在

全国・世界のニュース

2020 年
 7 月 14 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス