2020年6月3日(水)

強い雨の中、傘差さず1人で歩く迷子の男児 男性が保護 日立署が感謝状

感謝状を贈られた井上一三さん(左)と日立警察署の中山文雄署長=同署
感謝状を贈られた井上一三さん(左)と日立警察署の中山文雄署長=同署

迷子の男児を保護したとして、日立警察署(中山文雄署長)は日立市、パート従業員、井上一三さん(70)に感謝状を贈った。

同署などによると、5月6日午後4時半ごろ同市金沢町5丁目の市道を井上さんが車で走っていたところ、強い雨が降る中、傘を差さずに1人で歩いている男子小学生を発見。靴は片方しか履いておらず、心配に思った井上さんは「こんなにぬれたら風邪をひいちゃうよ」などと声を掛け続け、男児を保護して、同署に通報。警察官が駆け付けるまで安全を確保した。

中山署長は「目配りから優しさが伝わる。勇気と思いやりある行動で事故などを未然に防ぎ、命を守ってくれた」と感謝。井上さんは「危険を感じたので、ためらいなく当然のことをした。家族の元に帰れてよかった」と笑顔を見せた。



次の記事:新型コロナ、茨城で感染200人突破 新たに3人、目立つ東京圏滞在

全国・世界のニュース

2020 年
 7 月 14 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス