2020年6月6日(土)

茨城県知事、給与20%減へ 7月から9カ月間 県民に寄り添う姿勢示す

【AD】

新型コロナウイルスの感染拡大に苦しむ県民に寄り添う姿勢を示すため、大井川和彦知事は5日、7月から来年3月までの9カ月間、自身の月額給与を20%減額する考えを会見で明らかにした。関連条例の改正案を8日開会の県議会第2回定例会に追加提案する。減額の合計は241万2千円となる。

大井川知事は「県民の皆さまには痛みを伴うご不便を掛けてきた。さらに経済的苦難はこれからが本番。感染症対策と経済対策を先頭に立って行っていくためにも、姿勢を示すためにも、減額することとしたい」と述べた。



次の記事:茨城、最多タイ66人感染 2人死亡 つくばでクラスター

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 30 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス