2020年6月7日(日)

スケートボード楽しむ若者に注意呼び掛け 水戸駅前で巡回実施 市と水戸署、安全条例周知へ

水戸駅周辺を巡回する水戸署員ら=5日午後7時20分ごろ、水戸市宮町
水戸駅周辺を巡回する水戸署員ら=5日午後7時20分ごろ、水戸市宮町

水戸市と水戸署は5日夜、水戸駅ペデストリアンデッキやその周辺で、同市が4月に制定した「水戸市駅前広場における安全で快適な環境の確保に関する条例」を周知する巡回活動を実施した。同条例は、市民らにペデストリアンデッキなどの同駅周辺施設を安心して利用してもらおうと、同市が4月1日に制定した。具体的には、通行人へけがを負わせる恐れのあるスケートボードの使用や、指定場所以外での喫煙などを禁じている。

巡回活動には、市職員7人と署員3人の計10人が参加。駅前でスケートボードを楽しむ若者らに注意を呼び掛けた。同市都市計画課の柴崎美博課長は「誰もが快適に利用できる施設を提供できるよう、これからも定期的に巡回を行っていきたい」と力を込めた。



次の記事:新型コロナ、茨城7人感染確認 

全国・世界のニュース

2020 年
 7 月 11 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス