2020年6月7日(日)

周遊プランを自動作成 茨城県観光PRサイトの英語版、最適ルートを案内

【AD】

茨城県は、英語版の観光PRサイト「観光いばらき」に独自の周遊プランを作成する機能を導入した。サイト上で観光や宿泊、飲食など複数施設を選択すると、最適ルートや移動時間などを案内する。新型コロナウイルスの影響が続く中、県は「バーチャルでイメージを膨らませて」と呼び掛けている。

導入したのは「IBARAKI TRIP PLANNER」(イバラキ・トリップ・プランナー)。サイト内に掲載する193施設を選択すれば、地図上に移動の最適なルートを表示するほか、各施設間の移動時間や想定滞在時間などを計測し、周遊プランを自動作成する。

同ウイルスの影響で全国的に外国人観光客が途絶え、3月の同サイト閲覧数も前年同月比半減の1万7千件まで落ち込んでいる。県国際観光課は「観光を忘れないようPRしたい。海外の自宅でプランを練っていただき、収束後には茨城に来県してもらえたら」としている。

今後は英語版に加え、韓国語、中国語、ベトナム語、タイ語版でも同様の機能を導入する予定。



次の記事:茨城で20代男女3人の感染確認

全国・世界のニュース

2020 年
 7 月 7 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス