2020年6月10日(水)

爆破予告2高校、異常なし 牛久と結城一 避難、始業遅らせ対応

爆破予告時間を過ぎ、登校する生徒たち=9日午前11時10分ごろ、牛久市岡見町の県立牛久高校
爆破予告時間を過ぎ、登校する生徒たち=9日午前11時10分ごろ、牛久市岡見町の県立牛久高校

結城一高(結城市)、牛久高(牛久市)の茨城県立2校を9日に爆破するとのメールがあった事件で、両校は同日、「午前10時27分」とされた爆破予告時間以降も異常は確認されなかった。前日から警戒に当たっていた県警は「悪質ないたずらでは済まされない」として、威力業務妨害容疑などを視野に捜査を進めている。

牛久高は1時限目の開始を午前11時半に遅らせた。新型コロナウイルス対策で8日から授業開始を午前9時50分に遅らせていたが、さらに繰り下げた。正門前には警察官が立って周囲を警戒。交通手段の関係で早めに登校した生徒約30人と教員ら約50人が、午前10時ごろから校庭に避難した。

根本雄一教頭は「学校は昨日始まったばかり。これから勉強や部活ができるというときに、こんなことがあり残念だ」と話した。

安全確保のため、結城一高も予告時間前に生徒を校庭に退避させた。



次の記事:県立こども病院の看護補助者など44人感染 公立校教員や男児も

全国・世界のニュース

2020 年
 12 月 4 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス