2020年6月12日(金)

《新型コロナ》販売落ち込む「わら納豆」 障害者、作業なくなる 嘆く事業所管理者

【AD】

新型コロナウイルスの影響で販売が落ち込む水戸の名産「わら納豆」。わらを束ねて両端を縛り納豆を包むための「わらづと」を作る障害福祉サービス事業所の仕事がなくなっている。収益が大きい外部作業も減り、利用者の4月の工賃は半分に減った。稲…


  • 記事全文1238文字(あと1008文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版
  • 茨城新聞電子版

全国・世界のニュース

2020 年
 10 月 29 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス