2020年6月29日(月)

《新型コロナ》苦境に立つ茨城県内の観光産業 感染懸念、慎重に再開 新たな海の活用法模索

【AD】

「やはり、にぎわいが戻るとうれしい」。常陸大宮市岩崎の道の駅常陸大宮「かわプラザ」のスタッフは、家族連れなどでにぎわう施設内を見渡し、笑顔を見せた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休止や時短営業などを経て、19日にようやく通常営…


  • 記事全文1429文字(あと1199文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版
  • 茨城新聞電子版

全国・世界のニュース

2021 年
 1 月 27 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス