2020年6月29日(月)

J1、7月4日再開 GK曽ケ端「優勝のために」 鹿島、逆襲誓う

7月4日のリーグ戦再開に向け調整に余念がないJ1鹿島のベテランGK曽ケ端=クラブハウスグラウンド
7月4日のリーグ戦再開に向け調整に余念がないJ1鹿島のベテランGK曽ケ端=クラブハウスグラウンド

新型コロナウイルス感染拡大の影響による約4カ月の中断期間を経て、J1は7月4日に再開される。鹿島の初戦の相手は近年苦手としている川崎。4季ぶりに優勝に向け、いきなり難敵と対戦する。再開を前に、プロ23年目のベテランGK曽ケ端に、チームの状況や今季に懸ける思いなどを聞いた。

-現在のコンディションは。

全体練習が始まってから徐々に良くなっている。暑くなると疲れも出てくると思うが、今のところはすごく良い。

-異例のシーズンだが、あらためて今季に懸ける思いは。

変わらず優勝するためにやる。連戦が多く、全員の力が必要になる。選手一人一人が「全部の試合に自分が出る」という気持ちがすごく大事。僕自身もそういう気持ちを持って全部の試合に良い準備がしたい。

-中断期間を経てチームが成長している実感は。

練習試合の中でも、うまくいかないところが僕自身も含めてあるが、積極的にみんながチームでやろうとしていることを続けている。良い場面が増えてきている。それを公式戦というプレッシャーがかかった中で、どれだけできるかが求められている。

-今季ここから巻き返すために大事なことは。

(監督に)求められていることをやり続けることも大事だし、その中で結果を残していく。両方を求めるのは難しいが、実際に今季は公式戦3連敗と結果が出ていないわけだから、みんなが危機感を持ってやっていくだけだと思う。

-無観客試合の影響は。

経験がないので何とも言えないが、指示の声は通る。その辺はプラスだと思う。でも、お客さんあっての試合。そこにたどり着くことができるように僕たち選手も(新型コロナウイルスに感染しないよう)注意しながら生活しないといけない。

-川崎の印象と勝負のポイントは。

フロンターレのアウェーは難しい試合になる。実際勝率も良くない。その中で再開初戦がフロンターレ。難しさはある。向こうは監督も代わっていないし、メンバーは若い選手も数多く出てきているし、チームコンセプトもしっかりしている。戦い方は難しくなると思うが、チームとして、やろうとしていることを続けながら、勝ちを求めて戦えればと思う。



次の記事:新型コロナ、茨城で感染200人突破 新たに3人、目立つ東京圏滞在

全国・世界のニュース

2020 年
 7 月 15 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス