2020年7月1日(水)

茨城県職員・夏ボーナス 一般職平均69万7792円 知事は1.5%増330万円

【AD】

教職員や警察職員を含む茨城県の職員と大井川和彦知事ら特別職に30日、夏のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く一般行政職の平均支給額は69万7792円(平均38.46歳)で、昨夏より9123円(1.3%)増えた。

今夏の支給額は、公民給与の格差を踏まえた昨年10月の人事委員会勧告に基づき、0.025カ月分引き上げしたことに伴い、一般職員が2.25カ月分、特別職が1.70カ月分となった。

期末・勤勉手当の支給総額は311億6590万2千円(昨夏比0.7%増)で、計3万7331人に支給された。

特別職の支給額は、大井川知事が330万3100円(同1.5%増)、小野寺俊、宇野善昌両副知事が266万2200円(同)、県議は森田悦男議長が248万9650円(同)、伊沢勝徳副議長が221万8500万円(同)、これ以外の県議が209万5250円(同)だった。



次の記事:16歳少女、万引き見つかり逃走 二輪で店員はねる

全国・世界のニュース

2020 年
 7 月 5 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス