2020年7月4日(土)

J1再開 鹿島、敵地で川崎戦 4日午後7時キックオフ 難敵に挑む

新戦術で撃破し勢いを

川崎戦に向け調整するJ1鹿島の選手たち=クラブハウスグラウンド
川崎戦に向け調整するJ1鹿島の選手たち=クラブハウスグラウンド

明治安田J1第2節は4日、各地で9試合が行われ、約4カ月間の中断を経て、いよいよ再開する。鹿島は等々力陸上競技場で川崎と対戦する。キックオフは午後7時。三竿主将は「今は中断期間前よりはるかにチーム状態が良い。早く試合をして勝ちたい」と闘志を燃やしている。

中断前は公式戦3連敗。ザーゴ新監督が就任し、11人の新加入選手を迎え、鈴木満フットボールダイレクターが「リフォームではなく新築」と例えた新生チームは苦しんだ。ボールを奪われると激しくプレスを掛けて即時奪う攻撃的スタイルへの転換は道半ばだった。FW伊藤は「誰がどうやってボールを運ぶのか分かっていなかった」と振り返る。

公式戦中断以降、チームは新戦術の浸透を図った。ザーゴ監督が大幅な改革に着手。各選手の立ち位置や選手間の距離感、ボールの動かし方、プレスの掛け方などを整備し、戦術の基幹部分をつくりあげた。

練習試合などを通して、選手たちは成長に一定の手応えを感じている様子。DF犬飼は「自然とやりたい立ち位置にいたり、(味方を)見えていないときに『ここにいるだろう』というパスを自然と出せてきた」とビルドアップが磨かれてきたことを強調する。

着実な成長を遂げてきたチームが再開初戦でぶつかる相手は川崎。2016年以降、リーグ戦で勝てていない難敵だ。連動したパスワークを武器とする攻撃的なチームに対し、鹿島は激しいプレスと後方からの丁寧なビルドアップで主導権を握れるかがポイントになりそうだ。

GK曽ケ端は「優勝するためにやる」ときっぱり。そのためには「(監督に)求められていることをやり続けることも大事だし、その中で結果を残していく」と力強い。新戦術で川崎を倒し、勢いに乗って過密日程のシーズンを再スタートしたい。



次の記事:熱中症か、取手の女性死亡

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス