2020年7月8日(水)

ミニパプリカ出荷 みずみずしい食感 神栖

ミニパプリカを袋詰めするスタッフ=神栖市太田
ミニパプリカを袋詰めするスタッフ=神栖市太田

ピーマン生産量日本一の神栖市で、ミニパプリカの出荷が最盛期を迎えている。

農業生産法人アグリ・ニュー・ウインズ(同市柳川)は、オリジナルブランド「スイートカクテルペッパー」を栽培。糖度が10度以上あり、果物のような甘さとみずみずしい食感が特長。鮮やかな赤、黄、オレンジの3色をそろえている。

同法人が運営する農産物直売所「WINDS BASE」では3日、スタッフが手作業で袋詰めを行った。年間出荷量の半分がこの時季に出荷されるという。代表の飯田等さん(53)は「例年通り、出来は非常にいい」とにこやかに語った。

直売所のほか、食品スーパー「カスミ」の一部店舗などで購入できる。今秋にはオンラインショップを立ち上げる予定。直売所の住所は神栖市太田580の18。(電)0479(46)5771



次の記事:鉾田市職員2人が感染

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス