2020年7月10日(金)

【速報】茨城知事、都内移動引き続き慎重に 新型コロナ「きょうも県内で何人か感染」 独自対策ステージは据え置き

【AD】

茨城県の大井川和彦知事は10日の定例会見で、東京都内で新型コロナウイルス感染者が再び増加していることから、都内への移動について引き続き慎重に対応するよう県民に求めた。都内のほか県内の感染状況などの指標を総合的に判断し、県独自の新型コロナ対策はステージ2に据え置くとした。大井川知事は「都内でのマスクを外した会食やイベント参加は危険。行くなとは言わないが、1人1人がしっかりリスク管理をしてほしい」と呼び掛けた。

また、大井川知事は「きょうも何人かの感染を確認している」と述べ、県内で同日、複数の感染者を確認していることを明らかにした。最近の県内感染者の中には都内への往来が確認されていることから、十分な対策を求めた。

さらにクラスター(感染者の集団)や2次感染の防止に向け、感染者との接触を通知する県独自のシステム「いばらきアマビエちゃん」の普及のため条例化を視野に検討すると明かした。



次の記事:鉾田市職員2人が感染

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス