2020年7月13日(月)

《記者コラム:双眼鏡》笠間焼、新時代の挑戦

【AD】

乳白地に淡い藍色で描かれた野イチゴ柄が何とも優雅で、側面に施された小さな突起群は南部鉄瓶のような趣を放つ。筆者の普段使いの飯碗(わん)は、妻の職場の同僚が結婚祝いに贈ってくれたものだ。底部には世界的陶磁メーカー「W社」のロゴが記載。…


  • 記事全文648文字(あと418文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 13 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス