2020年7月15日(水)

J2水戸新社長に小島氏 16日、取締役会で正式決定

小島耕氏
小島耕氏

サッカー・J2水戸ホーリーホックの新社長に小島耕副社長(45)が昇格することが14日、分かった。12年間クラブを率いた沼田邦郎社長(55)は代表権が外れる見込みで、16日に開く取締役会で正式決定する。

小島新社長は鉾田市出身で茨城高を経て明大卒。映像制作会社の起業や、サッカー関連事業のマーケティング支援をした経験を持つ。2019年4月から取締役としてクラブに携わり、事業面での改革を推進。2019年度営業収入の前期比21%増を達成した手腕などが評価され、6月25日に代表権を持つ副社長に就任した。

約3週間という短期間での昇格は沼田社長の意向。沼田社長の退任には反対意見もあり、6月25日の定時株主総会では2人が代表取締役になることを決めた。総会後、沼田社長が各取締役への説得を進め、小島新社長の就任が固まった。

沼田社長は代表理事を務める一般社団法人「ホーリーホックIBARAKIクラブ」の活動に注力する方針で、地域スポーツ文化の振興や新スタジアム建設、アカデミーの拠点の整備を進める。



次の記事:熱中症か、取手の女性死亡

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス