2020年7月15日(水)

【速報】新型コロナ 茨城、新たに20代男女5人 1人は集団感染のモリエールで観劇

【AD】

茨城県は15日、県内で新たに20代の男女5人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。県内の累計感染者は209人となった。退院・退所、陰性化確認者数が5人増え、計171人となった。

新たに感染が判明したのは、笠間市の会社員女性、稲敷市のアルバイト女性、五霞町の女子学生、潮来保健所管内に住む会社員男性、土浦保健所管内在住のアルバイト女性。潮来保健所管内の男性が中等症で、そのほかは軽症か無症状。

笠間の女性と潮来保健所管内の男性の2人は、東京電力パワーグリッドの県内事業所に勤務。笠間の女性は6月30日から7月5日の間、集団感染が発生した東京・新宿シアターモリエールで複数回観劇したという。五霞の女子学生は、千葉県の陽性患者と接触があった。

■県内感染確認者
209人(前日比+5人)
うち死者 10人
退院・退所等 171人
(県発表、15日午後6時現在)



次の記事:茨城、最多タイ66人感染 2人死亡 つくばでクラスター

全国・世界のニュース

2020 年
 11 月 30 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス